つきが悪い、眠りが浅い、眠れない、不眠症

快眠のコツ記事一覧

寝室の照明、気にかけてる?寝つけないのは部屋の明るさが原因

寝室の照明は何を使ってますか?蛍光灯?電球?間接照明を使っているという人もいると思います。実は部屋の照明は睡眠に大きく影響します。照明ぐらいで?とお思いのあなた!寝つけないので悩んでいるなら、もしかすると原因は照明にあるかもしれません。人間の覚醒と睡眠は体内時計によってコントロールされています。そし...

≫続きを読む

安眠はつくれる!自分だけの寝る方法、入眠儀式で眠れる習慣を

入眠儀式という言葉を聞いたことがありますか?赤ちゃんを寝かしつけるときの方法としてよく言われますよね。子守唄を唄ったり、背中をトントンしたり、「こうしたら寝る時間だよ」というのを習慣づけると、赤ちゃんが自然と眠りに入るというものです。でもこれって赤ちゃんだけに言えることではないんですよ。大人にも当て...

≫続きを読む

寝るときの豆電球が眠りが浅い原因に?睡眠に良い明るさとは

あなたは寝るときに豆電球をつける派ですか?それとも寝室の照明は消して真っ暗にするタイプ?「寝室の照明は全部消して真っ暗にしないと眠れない」「寝るとき豆電球の明かりがないと落ち着かない」人それぞれ好みがありますよね。寝室の照明は睡眠に影響を与えると言われています。実際、睡眠に良いのはどちらだと思います...

≫続きを読む

体内時計をリセットして眠れない原因を解消!秘訣は日光

夜も更け、もう寝る時間なのに目が冴えて眠れないという経験はありませんか?朝起きる時間になっても、強い眠気によって布団から全く出られないということもあると思います。夜、寝たくても眠れない。朝、起きたくても起きられないとお悩みの方。もしかしたら体内時計のリセットが必要かもしれません。睡眠と覚醒をコントロ...

≫続きを読む

寝る前はスマホ禁止!寝つけない原因となるブルーライトの影響

近年、いろんなメディアがブルーライトが健康に与える悪影響を取り上げていますよねなぜ最近になってこんなによく聞くようになったのでしょうか?それはそれだけ身の回りにブルーライトを発するものが増えたのも理由の一つです。液晶テレビやパソコン、タブレットにスマホなど、どれもここ数年で普及したものばかりですよね...

≫続きを読む

驚きの安眠効果!ホットミルクを寝る前に飲んで睡眠をスムーズに

「眠れない!」「寝つけない!」と嘆いているあなた。一度、ホットミルクを寝る前に飲んでみて下さい。アメリカでは寝られない夜はホットミルクを飲む習慣があるぐらい、自然と睡眠に導く効果があるんです。眠れない夜を解消するホットミルクの驚きの効果をご紹介します。メラトニンの材料になるトリプトファンが豊富夜にな...

≫続きを読む

体温の上昇が睡眠を妨げる!意外な長風呂のデメリット

お風呂って何のために入りますか?もちろん体の疲れを撮るためですよね。お風呂に入るとジワ〜っと体が温まり、疲労が取れていく感じがします。ゆったりと湯船に浸かるとリラックスできてとても気持ちいがいいですし、気分もよくてついつい長風呂にもなってしまいがちですよね。しかしこの長時間の入浴が逆に体を疲れさせて...

≫続きを読む

日中の運動不足が眠れない原因。寝つきを良くする簡単な方法

近年、睡眠の悩みを持つ方が増えています。確かに現代は昔に比べ、寝られない環境にあると言っていいと思います。以前は夜になったら寝るしかありませんでしたが、最近は24時間営業のコンビニは当たり前になり、深夜営業のお店も増えて、夜間に行動するのに困ることはありません。またスマホやネットなどの娯楽も増えて、...

≫続きを読む

超簡単!寝つきが悪いときの不眠解消法!つぶやき入眠術

不眠の原因は「考えすぎる」こと寝つきが悪い原因の一つとして、布団の中に入った後も頭の中で「いろいろ考え事をしてしまう」ということがあります。経験ないですか?例えば日中に受けた理不尽なことに気持ちがモヤモヤして、夜まで引きずってしまうこと。寝るときまでそのことが気になってグルグル頭の中を回り、眠れない...

≫続きを読む

眠りが浅い原因は枕?睡眠のための正しい枕の選び方

枕の選び方、こだわってますか?「堅い方がいい」「低いのは苦手」「枕はそばがらじゃないと」。人それぞれに好みがあると思います。実は睡眠にとって枕は意外と重要なんです。枕の選び方一つで眠りが浅い原因にも成り得るんですよ。睡眠中、気づいたら頭が枕からずれ落ちていたり、枕を布団の端の方へ追いやっていたりして...

≫続きを読む

どうする寝る時のエアコンの温度?暑がりと寒がりが一緒に寝た場合

男性は女性に比べて暑がりな方が多いです。とりあえず仕事から帰ってきたら部屋の冷房を最低温度でガンガンかけるという人も多いです。一方女性は寒がりの人が多いです。冷え症の方も多く、寝る時もエアコンは除湿で十分という人もいるでしょう。ここで問題なのが男と女の体感温度の違い。皆さんは就寝時のエアコンの温度は...

≫続きを読む

エアコンなしの暑さ対策!寝る時の冷房が苦手な人は要注目!

寝苦しい夏の熱帯夜。暑さ対策はどうしてますか?質の良い睡眠を取るには快適な睡眠環境は大切です。多くの人はエアコンなどで寝室の温度を調整してると思います。けど体質的にエアコンが合わない苦手な人っていますよね。私がまさにそうなんですが、エアコンをかけて寝ると次の日、体のだるさと鼻炎がひどく、あまり使う気...

≫続きを読む

寝つけない原因は熱いお風呂?正しい入浴で睡眠の質をアップ!

お風呂は好きですか?一日の疲れを癒してくれるお風呂。熱いお風呂は体の隅まで温まって特に体の疲れが取れていく感じがしますよね。でも気をつけてください。寝る前の熱いお風呂が寝つけない原因となっているかもしれないんです。というのも人間は体温が下がるとともに眠気がやってきます。スムーズに眠りにつくには、脳や...

≫続きを読む

安眠効果は抜群!寝ヨガで不眠の原因、ストレスを解消!

仕事で疲れがたまると逆に寝られないときってありませんか?疲労がたまると本来ならぐっすり眠れるものですが、逆に目が冴えてしまってなかなか寝つけない。身体が疲れているのに眠れないなら、原因はストレスかも知れません。会社の繁忙期のときなどは労働時間は長くなり、ストレスがたまりますよね。帰宅が深夜になること...

≫続きを読む

お酒が弱い方へ。飲んだ翌日に絶対に起きれる目覚まし方法

お酒は睡眠を妨げる要因の一つです。就寝前にお酒を飲む「ナイトキャップ」という習慣もあるため、アルコールを摂取すると寝られるイメージがあるかもしれませんが、実際は睡眠の質を下げています。お酒が弱い人なんかは特に顕著に表れます。お酒を飲んだ次の日の朝、頭はぼーっとして、目覚めの悪さと言ったらないですよね...

≫続きを読む

アラームが近所迷惑?音が鳴らない目覚まし時計で近隣トラブルを回避

朝はスッキリ起きられる方ですか?私は朝なかなか起きられず、目覚まし時計のスヌーズ機能をフル活用して5,6回鳴らしたぐらいにようやくベッドから出られるようになるという典型的な朝が弱いタイプの人間です。目覚まし時計を1回で止めて起きられる人がうらやましいです。目覚ましが鳴り始めてから30分後ぐらいにしか...

≫続きを読む

どうする?夫婦間の生活リズムの違い。起床時間の問題を解消するには

夫婦も一緒に生活をしていれば相手に合わせたり、妥協したりという部分も出てきますよね。とくに生活リズムの違いは割と大きなストレスになるのではないでしょうか?お互い、会社勤めをしていれば仕事の始まる時間も違いますし、終業時間も違います。そんな二人が一緒に住めば、食事の時間、睡眠時間、あらゆるシーンで生活...

≫続きを読む

睡眠をアプリで改善!眠れない夜のおススメ2選!

なかなか眠れない夜。ホットミルクを飲んだり、ぬるめのお湯に浸かったり、人それぞれ眠るための習慣があると思いますが、最近では睡眠の改善にもITを使う時代です。寝ている間のイビキを録音したり、睡眠の深さを記録にとったり、睡眠関係のアプリはさまざまありますが、今回はスムーズに睡眠に導いてくれるサポートをす...

≫続きを読む

夜眠れなくなる?注意したいカフェインのとりすぎと摂取時間

睡眠の妨げとなるカフェイン。寝る前はもちろんのこと、摂取時間には注意したいところです。例えばコーヒーを飲むとその覚醒作用は1時間や2時間ではなくなりません。うっかり飲むタイミングを間違ってしまうと、寝つきの悪い夜となってしまうかもしれませんよ。仕事中など、いざ効いてほしいときには効かないのに、効いて...

≫続きを読む

緑茶もNG?意外と知られてない睡眠を妨げるカフェインが入った飲み物

寝つきが悪いとお悩みの方で、夜にコーヒーを飲む方はいらっしゃらないと思います。コーヒーに含まれているカフェインが睡眠を妨げるのは誰もが知るところですよね。しかしカフェインが入っているのはコーヒーだけではありません。実は知らないうちにカフェインを摂取してしまっているかもしれませんよ。就寝前は飲んではい...

≫続きを読む

敷布団の選び方で睡眠の質が上がる!ポイントは布団の硬さ

睡眠の質は睡眠環境に大きく左右されます。温度、湿度、明るさ、寝るときの状況位によって良い睡眠が取れるかどうかが決まるといっても過言ではありません。そして布団は寝る場所です。睡眠に大きな影響を与えるのは言うまでもありませんよね。質のよい睡眠を取るのに寝具選びは大きな要因なんです。特に敷布団は寝るときの...

≫続きを読む

どれを選べばいい?素材で違う敷布団のメリット・デメリット

敷布団を選ぶにしても素材により寝心地、機能はそれぞれ違います。代表的な物として「綿」「羊毛」「ポリエステル」が上げられますが、素材によってメリット、デメリットがあり、一長一短です。とにかく安くで買いたい冷え症なので保温性が高いものがいい手入れが楽な布団がいい敷布団を購入するにあたって自分の中の優先順...

≫続きを読む

睡眠の質を上げる掛布団の条件! おすすめの素材とは?

睡眠は掛布団の選び方によっても大きく左右されます。実際、寝心地の悪い布団で寝ても質の良い睡眠が取れるわけないですよね。良い睡眠をとれるかどうかは布団によって決まると言っても過言ではありません。今回はその重要な、ぐっすり眠る為の掛布団の選び方をご紹介します。掛布団選びのポイントは保温性と重量掛布団を選...

≫続きを読む

夜眠れない時はどうする?無理に寝ようとするのは逆効果です

寝る時間になっても目が冴えて眠れない。明日も仕事だから寝ないといけないのに時間だけが過ぎていく...夜眠れない時はどうするのが良いのでしょう?布団に入って無理に寝ようとしていませんか?眠れないにしてもちょっとでも睡眠時間を稼いだほうがいいんじゃないか?そう思ってい眠たくないのに寝ようとしている人が大...

≫続きを読む

眠れない人は寝る前に体温を上げてみましょう。睡眠と深部体温の関係

最近、寝つきが悪い、夜眠れないなとお悩みの方。その原因は体温調節にあるかもしれません。「え?睡眠と体温って関係あるの?」と思うかもしれませんが、実は睡眠と体温はとても深い結びつきがあるんです。体温が下がると眠たくなる人間の体温はおおむね36度に保たれていますが、その中でも一日の中で1度前後、上がった...

≫続きを読む

寝室は寝る場所!イメージ操作で眠れない夜を解消

パブロフの犬ってご存知ですか?有名な実験のひとつで、犬にエサを上げる前に毎回ベルを鳴らしていると、ベルの音を聞いただけで犬は反射的にヨダレを垂らしてしまうというものです。これは条件反射と言われるもので、ある刺激(ベル)に対して、同じ反応(エサ)を繰り返すことによって、反応により起こる結果(ヨダレ)が...

≫続きを読む

寝つきが悪い原因は寝室の色?不眠を解消するカラーコーディネイト術

色は人間の心理に大きく影響しています。お店の装飾なども夏場は青色を多く使いますよね。青は清涼感を感じさせ涼しい気持ちにさせてくれます。逆に冬場はオレンジ色など暖色系をよく使います。温かみを感じやすくさせるためです。この様に目から入る色の印象によって涼しく感じたり、温かく感じたりもするわけです。それは...

≫続きを読む

会社を遅刻したときの言い訳は?仕事に遅れたときの正しい対処法

目が冴えて眠れない!今日もあなたを悩ませる不眠。不眠の悩みはなかなか寝付けないというだけではありません。眠るのが遅くなるということは、その分、起きる時間も遅くなるということです。つまり寝坊です。大幅に寝過ごして遅刻をしてしまったこともあるんじゃないでしょうか?遅刻を悟った瞬間、いろんなことが頭を巡り...

≫続きを読む