カフェインが入った飲み物

緑茶もNG?意外と知られてない睡眠を妨げるカフェインが入った飲み物

カフェインが入った飲み物

 

寝つきが悪いとお悩みの方で、夜にコーヒーを飲む方はいらっしゃらないと思います。コーヒーに含まれているカフェインが睡眠を妨げるのは誰もが知るところですよね。

 

しかしカフェインが入っているのはコーヒーだけではありません。実は知らないうちにカフェインを摂取してしまっているかもしれませんよ。

 

就寝前は飲んではいけないコーヒー以外にカフェインが含まれている飲み物を紹介します。

 

緑茶

緑茶にもカフェインは含まれています。含有量はコーヒーの約1/4程度ですが、カフェインに過敏に反応してしまう人なら眠れなくなってしまうでしょう。中でも玉露はカフェインの量だけならコーヒー以上に含まれています。

 

緑茶に含まれるカフェインの効果はコーヒーに比べて緩やかに作用すると言われていますが、寝る前の水分補給として飲んだら寝つけなくなった、なんてことになりかねませんよ。

 

しかしながら緑茶には安眠効果があるという話もあります。緑茶に含まれる「テアニン」にはリラックスさせる働きがあり、睡眠へ導くというのです。

 

「結局、どっちなの?」と言いたくなりますが、これは体質によると思います。カフェインの効果が強く出てしまう方は飲まない方が無難でしょう。

 

ちなみに私は緑茶に安眠効果を感じる体質です。寝る前には進んで緑茶を飲んでます。

 

紅茶

寒い時期などは特に寝る前に体を温めようとホットティーを飲んでしまいそうですよね。しかし紅茶にもカフェインはしっかりと入っています。

 

含有量は緑茶と同程で、コーヒーの約1/4です。

 

就寝前のティータイムが至福だ!という方はノンカフェインの紅茶も販売されているので、そちらをお勧めします。

 

ココア

ココアのカフェイン含有量は緑茶よりちょっと多め程度です。そこまでの量が入っているというわけではありません。

 

しかしココアには「テオブロミン」という成分が含まれており、これがコーヒーよりも効果は緩やかですが覚醒作用が働きます。就寝前は控えた方が良いかと思います。

 

栄養ドリンク

一日の疲れを翌日に残したくないということで、寝る前に栄養ドリンクを飲む方もいるんじゃないでしょうか?

 

しかし栄養ドリンクはカフェインはもちろんのこと、他にも覚醒作用がある成分が入っています。

 

栄養ドリンクを飲むならノンカフェインの就寝前用のものが販売されているので、疲れを残したくないなら、そちらのタイプのものを飲みましょう。

 

最後に

入眠儀式として、温かい飲み物を飲む人もいますよね。中には今回紹介した紅茶やココアを飲んだ方が逆に寝られるという方もいらっしゃると思います。

 

カフェインの感じ方は体質に左右されますし、人それぞれです。先ほど、私も緑茶を飲むと眠りやすくなるとお話ししましたしね。

 

絶対ダメ!というわけではなく、あくまでご参考程度に。

関連ページ

寝室の照明、気にかけてる?寝つけないのは部屋の明るさが原因
部屋の明るさは睡眠に大きく影響しています。寝室の照明を見直すことで寝つけない原因が解消するかもしれません。
安眠はつくれる!自分だけの寝る方法、入眠儀式で眠れる習慣を
睡眠は習慣化できます。自分だけの入眠儀式を見つけてスムーズに眠りにつきましょう。
寝るときの豆電球が眠りが浅い原因に?睡眠に良い明るさとは
寝るときに豆電球をつけると眠りが浅い原因になる!?睡眠と照明の関係をご紹介します。
体内時計をリセットして眠れない原因を解消!秘訣は日光
体内時計は睡眠に大きく関わっています。体内時計をリセットすることで眠れない原因を解消し、睡眠を改善しましょう。
寝る前はスマホ禁止!寝つけない原因となるブルーライトの影響
スマホから発するブルーライトは寝つけない原因になります。 寝る前のスマホを控えて睡眠への影響を抑えましょう
驚きの安眠効果!ホットミルクを寝る前に飲んで睡眠をスムーズに
寝る前にホットミルクを飲んで不眠を解消。ホットミルクの驚きの効果をご紹介します。
体温の上昇が睡眠を妨げる!意外な長風呂のデメリット
長風呂は眠れない原因となる可能性があります。長風呂のデメリットと睡眠への影響をご紹介します。
日中の運動不足が眠れない原因。寝つきを良くする簡単な方法
寝つけない原因は運動不足にあるかもしれません。日中の運動が寝つきを良くします。その方法と運動が睡眠に与える影響をご紹介します。
超簡単!寝つきが悪いときの不眠解消法!つぶやき入眠術
就寝前にゴチャゴチャ考え込むのは寝つきが悪い原因です。つぶやき入眠法は簡単の方法で寝つきが悪い原因となる考え過ぎを予防する不眠解消法です。
眠りが浅い原因は枕?睡眠のための正しい枕の選び方
枕は睡眠の質に大きく影響しています。眠りが浅い原因も枕の選び方に原因があるかもしれません。ぐっすり寝られる枕選びの条件をご紹介します。
どうする寝る時のエアコンの温度?暑がりと寒がりが一緒に寝た場合
男性と女性とでは体感温度に違いがあります。暑がりの旦那さん、寒がりの奥さん、寝る時にエアコンの温度は何度にしてますか?世の中の就寝時のエアコン問題に切り込みます。
エアコンなしの暑さ対策!寝る時の冷房が苦手な人は要注目!
エアコンが苦手って人、結構多いと思います。冷房をかけた翌朝の体のだるさといったら、会社に行く気も失せてしまいます。そんな人にご紹介するエアコンなしで夏を乗り切る暑さ対策です。
寝つけない原因は熱いお風呂?正しい入浴で睡眠の質をアップ!
熱いお風呂は好きですか?入浴の仕方で睡眠の質は上がりも下がりもします。ぐっすり眠れる正しい入浴方法をご紹介します。
安眠効果は抜群!寝ヨガで不眠の原因、ストレスを解消!
仕事でのイライラや緊張を引きずってしまい、夜、寝られない方にお勧めなのが寝ヨガです。安眠効果は抜群で、入眠儀式として取り入れている方も多いんですよ。寝ヨガでストレスを発散させて不眠を解消しましょう。
お酒が弱い方へ。飲んだ翌日に絶対に起きれる目覚まし方法
お酒が弱いのに付き合わされる飲み会。気になるのは翌日です。アルコールの影響で十分な睡眠が取れず、ちゃんと起きられるかが心配ですよね。そんなあなたに飲酒後でも絶対に起きれる目覚まし方法をご紹介します。
アラームが近所迷惑?音が鳴らない目覚まし時計で近隣トラブルを回避
朝、弱い人は目覚まし時計のアラームを爆音で鳴らしがちですが、近所迷惑になる可能性がありますよ。隣人から苦情がくることもあるかもしれません。これからは音が鳴らない静かな目覚まし時計で起きてみませんか?
どうする?夫婦間の生活リズムの違い。起床時間の問題を解消するには
夫婦間の生活リズムの違いから寝不足になっていませんか?起床時間が違う二人が一緒に寝ると起きたい時間よりも早く起こされて結構なストレスです。そんな起床時間の違いから起きる問題の解消法をご紹介します。
睡眠をアプリで改善!眠れない夜のおススメ2選!
眠れない、寝つけない、そんな原因をアプリで改善することができます。眠りが浅いとお悩みの方、一度はお試しあれ!お勧めの睡眠改善アプリをご紹介します。
夜眠れなくなる?注意したいカフェインのとりすぎと摂取時間
仕事中の眠気覚ましとして定番のコーヒー。しかしこのコーヒーがカフェインのとりすぎを招き、眠れない原因となってしまうんです。カフェインの副作用、摂取時間の注意点をご紹介します。
敷布団の選び方で睡眠の質が上がる!ポイントは布団の硬さ
敷布団の選びは睡眠にとっても非常に重要です。睡眠の質を上げる敷布団の選び方をご紹介します。
どれを選べばいい?素材で違う敷布団のメリット・デメリット
なかなか眠れず寝つきが悪い、眠りが浅いので夜中に目が覚める。 おかげで仕事中の眠気がひどい。 つらい不眠の悩み、それってストレスが原因かもしれません。 睡眠とストレスの関係、不眠の解消法を紹介しています。
掛布団はどう選ぶ?睡眠の質を上げる選び方の条件
なかなか眠れず寝つきが悪い、眠りが浅いので夜中に目が覚める。 おかげで仕事中の眠気がひどい。 つらい不眠の悩み、それってストレスが原因かもしれません。 睡眠とストレスの関係、不眠の解消法を紹介しています。
無理に寝ようとするのは逆効果!眠れないときは寝なくていい
なかなか眠れず寝つきが悪い、眠りが浅いので夜中に目が覚める。 おかげで仕事中の眠気がひどい。 つらい不眠の悩み、それってストレスが原因かもしれません。 睡眠とストレスの関係、不眠の解消法を紹介しています。
眠れない人は寝る前に体温を上げてみましょう。睡眠と深部体温の関係
なかなか眠れず寝つきが悪い、眠りが浅いので夜中に目が覚める。 おかげで仕事中の眠気がひどい。 つらい不眠の悩み、それってストレスが原因かもしれません。 睡眠とストレスの関係、不眠の解消法を紹介しています。
寝室は寝る場所!イメージ操作で眠れない夜を解消
なかなか眠れず寝つきが悪い、眠りが浅いので夜中に目が覚める。 おかげで仕事中の眠気がひどい。 つらい不眠の悩み、それってストレスが原因かもしれません。 睡眠とストレスの関係、不眠の解消法を紹介しています。
寝つきが悪い原因は寝室の色?不眠を解消するカラーコーディネイト術
なかなか眠れず寝つきが悪い、眠りが浅いので夜中に目が覚める。 おかげで仕事中の眠気がひどい。 つらい不眠の悩み、それってストレスが原因かもしれません。 睡眠とストレスの関係、不眠の解消法を紹介しています。
会社を遅刻したときの言い訳は?仕事に遅れたときの正しい対処法
寝つきの悪さや、眠りが浅いというような睡眠障害の影響は、日中つらいというだけではありません。寝坊による遅刻もその影響の一つです。もし会社を遅刻してしまった時の正しい対処法をご紹介します。