GABA(ギャバ)が睡眠に効果的

イライラして眠れない!ストレスによる不眠をGABA(ギャバ)が解消

イライラ

 

ストレス解消にGABA(ギャバ)

 

こんなセリフを最近よく耳にしますよね。チョコレートのテレビCMなどで、一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

 

 

リラックス効果があると注目され、ストレス対策として、チョコレートをはじめ、緑茶や玄米、サプリメントなどいろんなGABA配合の商品が発売されています。

 

今、話題となっている健康食品の一つですよね。

 

 

そのGABAですが、睡眠に対しても有効だと関心が集まっていて、ストレスを緩和する作用があることからイライラして眠れない夜に効果的だと言われているんです。

 

 

しかしながらこのGABA。言葉は知っていても、いったい何のことか分かっている人は少ないんじゃないでしょうか。そもそもGABAって何でしょう?

 

GABAには安眠効果も。質の良い睡眠をサポート

ここ最近、話題になりだしたイメージのあるGABAですが、玄米に多く含まれるということで、割と昔から健康に良いことが知られていました。

 

アミノ酸の一種でGamma Amino Butyric Acidを略してGABA(ギャバ)と呼ばれています。

 

 

抑制性の神経伝達物質の一つで、ドーパミンやアドレナリンなどの興奮性の神経伝達物質に作用し、精神を安定させる働きがあります。

 

つまりムカムカしたときに脳内に分泌されるホルモンを、GABAの働きで抑制し、高ぶった感情をしずめてくれるという分けです。

 

このことからイライラして眠れないときにGABAが効果的だと言われているんです。

 

 

それだけではありません。人間は体温が下がることで自然と眠気がやってきます。GABAには脳や体の中心の温度である深部体温を下げる働きがあり、スムーズに睡眠へ導いてくれるんです。

 

 

ストレス緩和と深部体温の低下。この2点がGABAは不眠の解消にも有効だと言われるゆ理由です。

 

GABAを体内に増やすには

GABAはストレスを受けるたびに消費され、体内から減っていきます。そのためストレスの多い環境にいると、生成が消費に追いつかないため、体内のGABAの量が足りなくなってきます。

 

すると抑制されていた興奮性の神経伝達物質「グルタミン酸」の働きが優位になり、落ち着きがなくなったり、イライラすることが多くなってしまうんです。

 

昼間のイライラが、夜も続くようなことが多くなってきたら、GABAの不足しているのかもしれません。興奮作用のあるグルタミン酸の働きが夜も続き、寝付けなくなる原因にもなります。

 

 

ではGABAを増やすにはどうすればいいでしょうか。

 

GABAは睡眠中に体内で生成されますが、食物からも摂取する事ができます。豊富な食物というと「発芽玄米」「キムチ」「小魚」「トマト」などが有名です。

 

 

効果的に摂取したいならサプリメントという手もあります。

 

 

イライラして眠れない夜はGABAを摂取して質の良い睡眠をとりましょう。

関連ページ

ストレス耐性効果でぐっすり睡眠。睡眠の質を高める「ラクティウム」
なかなか眠れず寝つきが悪い、眠りが浅いので夜中に目が覚める。 おかげで仕事中の眠気がひどい。 つらい不眠の悩み、それってストレスが原因かもしれません。 睡眠とストレスの関係、不眠の解消法を紹介しています。
改善したくない?寝つきが悪い夜への対策は「テアニン」が有効です
なかなか眠れず寝つきが悪い、眠りが浅いので夜中に目が覚める。 おかげで仕事中の眠気がひどい。 つらい不眠の悩み、それってストレスが原因かもしれません。 睡眠とストレスの関係、不眠の解消法を紹介しています。