テアニンの睡眠効果

テアニンで睡眠を改善!眠りが浅い原因は自律神経の乱れにあり!

テアニンの効果

 

お茶に含まれていることで有名な成分「テアニン」

 

テアニンには集中力を高める効果があり、仕事や勉強をはかどらせるのにもってこいの成分ですが、睡眠にも良いと言われています。

 

それはテアニンには眠りが浅い原因となる自律神経の乱れを整え、心身をリラックスさせる働きがあるからなんです。

 

自律神経の乱れが引き起こす睡眠の悩み

自律神経には交感神経と副交感神経という二つの神経から成り立っています。

 

昼間に活発的に活動するときに働くのが交感神経です。逆に夜間、身体が休息に入り、ダメージを受けた体を修復するときに働くのが副交感神経です。

 

この二つの神経がバランスよく切り替わることで、人間は健康を維持し、精神的にも安定できています。

 

 

しかし、近年はライフスタイルの多様化によって不規則な生活になりがちで、自律神経が乱れてしまうことが少なくなりません。

 

するとどうなるでしょう?

 

人の感情は自律神経の影響を大きく受けています。自律神経失調症という言葉は聞いたことありませんか?自律神経の乱れによりイライラ、不安感、落ち込みなどの精神的な変動が見られる症状です。

 

感情が不安定になり、緊張や興奮などから寝つけない、眠りが浅いといった睡眠障害の原因になってしまうんです。

 

自律神経のバランスを整えるテアニン

交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、イライラしだしたり、落ち着きがなくなったり、精神的に不安定になります。

 

この二つの神経のバランスを整えるのが別名、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンです。セロトニンには交感神経と副交感神経を調整し、自律神経のバランスを整える働きがあるんです。

 

そしてセロトニンの分泌を促すのがテアニンというわけです。

 

自律神経の調子を整えることで心が落ち着きリラックスにつながります。寝られない原因となっているイライラやソワソワを鎮めてスムーズに入眠へ導いてくれます。

 

テアニンを摂取するには

テアニンを摂取するのに手っ取り早い方法は緑茶を飲むことですが、緑茶には覚醒作用のあるカフェインが含まれているため、睡眠を邪魔してしまう可能性があります。

 

お茶以外ではツバキ、サザンカなど一部の植物に含まれていますが、手に入れるのは困難だと思います。正直、スーパーなどで売っているところを見たことないですよね。

 

やはり睡眠のことを考えて摂取するならサプリメントが手っ取り早く、効果的です。

 

心を落ち着かせスムーズに睡眠へ導いてくれるテアニン。睡眠についてお悩みなら一度、試してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

抗ストレス効果で睡眠をサポート!驚きの安眠成分「ラクティウム」
ストレスは睡眠を妨げる大きな原因の一つです。ラクティウムの抗ストレス効果の働きにより、寝つけない原因となる感情の高ぶり、不安、焦りなどを抑える作用があります。
イライラして眠れない!ストレスによる不眠をGABA(ギャバ)が解消
GABA(ギャバ)はストレスを緩和してスムーズな睡眠をサポートします。不眠を解消して快眠生活を送りましょう。