睡眠薬が怖い、不安

睡眠薬は怖い!そんな不安を抱えるあなたが不眠を改善させるには

不眠治療

 

睡眠薬を使ったことがない方は、薬による不眠の治療に怖いイメージがあると思います。睡眠薬と聞くと「副作用」「依存性」なんて不安にさせる言葉がパッと思い浮かんでしまうかもしれません。

 

強く効き過ぎて日常生活に支障が出るんじゃないか?

 

睡眠薬に依存してしまって薬なしでは寝られなくなってしまうんじゃないか?

 

頭痛、吐き気、嘔吐などのような体調不良を引き起こすんじゃないか?

 

睡眠薬に対しての知識がないとなかなか怖くて手が出せないかもしれませんね。そんな薬での治療に対して不安を抱えるあなたに向けた体験談をご紹介します。

不眠を治すにあたって信頼できる医師のポイント

月並みなアドバイスになりますが、私の体験談から言わせてもらうと、始めて睡眠薬を使う人は、まず信用できるお医者さんを見つけて処方してもらうことです。

 

私が出会ったわけではないですが、うわさに聞くと安易に薬にたよって患者を薬漬けにし、睡眠薬を手放せなくさせる治療しかできない怖いお医者さんもいるようです。

 

不眠症の原因は様々で、その人の生活スタイル、個人的な悩み事に深く結びついたものであることが多いです。一人一人深いところまで話を聞かないで「とりあえず薬出しときますねー」で済まされる場合もあると聞きます。

 

不眠症のゴールは自分の力で寝られるようになることが最終目的です。薬を服用して寝られるようになったから終わり、ということではありません。

 

最終的には自力で熟睡できることを一緒に目指してくれるお医者さんを探すことをお勧めします。

 

不眠を睡眠薬だけで解決しようとしないこと

睡眠薬には副作用が出ることがあります。私が睡眠薬を使ったときに出た副作用は「異常なほど喉が渇く」というものでした。

 

あまりの喉の渇きに2リットルのペットボトルの水を一日に何本も飲まないといられなくなるほどです。

 

しかし、これだけの副作用がありながら、その睡眠薬を使っても眠る事が出来ませんでした。私は医師に薬が効かないことを訴え、さらに強めの睡眠薬を処方してもらえるように頼みました。副作用はありましたが、とにかく寝たいという気持ちが勝り、安易に効き目の強い薬を出してもらえばいいという考えになってたんです。

 

医師の答えは一気に強めの薬を服用するのはおススメしないというものでした。あくまで睡眠薬は補助的に使用するもので、生活習慣を見直して、寝られる環境を自分で整える努力をし、今はまだこの薬を処方しながら様子を見ようということでした。

 

  • 朝ごはんはしっかりと取る
  • 朝起きたら日光を浴びる
  • カフェインは取らないetc

 

それから色々な事を試しました。主に体内時計を正常に戻すために朝からの習慣を見直すことが多かったように思います。

 

臨床心理士のところへも通いました。心理的な問題が不眠につながっているケースもあるからです。ここでは精神科の医師とは違い、何日も何時間も話を聞いてくれました。

 

以前は喉が異常なまでに渇くという副作用に悩まされながらも睡眠薬を服用していましたが、今では副作用のないものに切り替え、補助的な役割で睡眠薬を使う程度に改善されてきました。

 

自分の努力で、薬に依存することなく、これからも改善に向けて頑張りたいと思います。

関連ページ

不眠の原因で睡眠薬の処方も変わる。生活習慣の改善で解消することも
不眠症の悩みを持つ方が一度は考えるのが睡眠薬の使用です。しかし睡眠薬には副作用などネガティブなイメージも多いです。不眠を解消するために睡眠薬の使用している方の体験談をご紹介します。
睡眠薬の副作用が気になる方へ。薬の影響で記憶障害が出た方の体験談
不眠症の悩みを持つ方が一度は考えるのが睡眠薬の使用です。しかし睡眠薬には副作用などネガティブなイメージも多いです。不眠を解消するために睡眠薬の使用している方の体験談をご紹介します。
睡眠薬を始めて使うならどんな種類がいい?医師に相談して正しく処方!
不眠症の悩みを持つ方が一度は考えるのが睡眠薬の使用です。しかし睡眠薬には副作用などネガティブなイメージも多いです。不眠を解消するために睡眠薬の使用している方の体験談をご紹介します。